« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月23日

残暑お見舞い申し上げます

Image

残暑お見舞い申し上げます!
ふー、なんとか間に合いました…>ラクガキ
まだまだ油断のならない日が続きそうなので、お気をつけくださいネ
ワタシも次の聖地巡りはシルバーウィークにしようかと思ってます!

ではー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日

木曽義仲旗挙げ祭

行ってきました、木曽谷。

去年はせっかく地元の人たちに来いと言ってもらったのに仕事で行けなかったので、今回はヤル気で有給取った。宮ノ越駅に着いたのは15時過ぎ、まずはお祭り会場の義仲館前まで行ってみる。木曽殿と巴御前の像がお出迎え。




さすがにお祭りだけあって屋台も出ており食事も問題ない。
祭の本番は夕方からとのことなので、周辺をめぐろうと巴が淵へ。




晴れたり雨がパラついたりして、お天気が頼りないがここは晴れることを信じる。南宮神社にご挨拶して




旗挙げ八幡に手を合わせ




戻ってくると、ちょうどお腹がすいたので屋台で松本B級グルメ、山賊焼バーガーをいただく。




赤米のバンズに鶏のからあげ、おいしい。
そのうち義仲館横の舞台でイベントが始まり、木曽福島の火牛太鼓からの地元・宮ノ越の巴太鼓の演奏。「ヤー!」という掛け声が特長の巴太鼓、最後は舞台から降りてきた巴御前たちがが薙刀で観客を斬ってまわるw




日が落ちた頃に山吹山の「木」文字焼に点火され、ゆっくり文字を作る。肉眼ではたくさんの松明が山をおりて来るのが見えるんだけど、これがちょっと倶利伽羅落としみたいでよい。




さらに暗くなってきたころ武者行列が登場。木曽殿と巴御前は木曽馬に騎乗!しかし暗くてピントが合わない上にサクサク歩いて行っちゃうので写真撮影するヒマがナイ!行列は舞台前で終わって武者さんたちのインタビューになる。巴御前役の女性は、東京生まれだけども木曽殿が好きすぎて木曽に就職したのだとか、筋金入りのエピソードを披露していた。




そうしているうちに、山吹山から戻ってきた「らっぽしょ」行列がやってくる。子供達が笹竜胆の提灯を持って、太鼓に合わせて歌を歌って歩いてくるのはシンプルだけども趣がある。歌詞も木曽殿や巴のことを歌っているのだが、いかんせん会場では一緒について行ってもなかなか聞き取れないのが残念。しかしなるほど木曽殿愛にあふれた素朴で時代がかった行列なので、未来に保存していってほしいとおもう。










最後は花火大会と盆踊りで盛り上げる。名残は惜しいけども宮ノ越駅21:09の電車で帰宿。お盆期間の宮ノ越周辺の宿泊施設は3ヶ月前から予約しないとまず取れないけども、塩尻のビジネスホテルなら直前でもいけたのでご報告。奈良井や木曽福島に宿をとって次の日散策、というプランもよいかも。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »